知ってた?!医療脱毛だけが永久脱毛って呼べること

脱毛方法にも種類がある

脱毛方法には、肌にダメージの多いカミソリなどによる自己処理のほかに、ニードル脱毛やフラッシュ脱毛、医療用レーザーなどの種類があるのはご存知ですよね。

かつては、一本一本の毛に針を刺すニードル脱毛が主流で、最も効果的な脱毛方法と言われていますが、激しい痛みと時間がかかることに加え、莫大な費用がかかることで現在では、現実的でないとされあまり利用されていません。

フラッシュ脱毛と医療用レーザーとの相違点

エステサロンや脱毛専門店では、フラッシュ脱毛を採用しており、医療用レーザーは医師免許を持つ医師が常勤している皮膚科やクリニックなどの医療機関のみで使用できるんですよ。

その理由は、医療用レーザーは従来皮膚科などの病院でほくろやあざなどの治療機器として使用しており、特定の色に反応する作用を活用し脱毛用に開発されたもので、出力のレーザーのパワーが高く医療行為となるため、医療機関のみとされているんです。

フラッシュ脱毛は、同じレーザーですがパワーをかなり抑えたものとなるんですよ。

永久脱毛と呼べるの医療用レーザーだけ

レーザーを使用し脱毛を行なうのは同じですが、永久脱毛と呼ぶこともエステサロンなどでは法の定めにより禁止されていることはご存知でしたか。

気になる費用はというと

医療脱毛は、医療機関での施術とはいえ健康保険は適応外でクリニック独自の料金設定となっており、提示された金額を支払うことになるんですよね。

全身脱毛の場合には、5回で300,000円くらいが相場で、初診料が別にかかることも知っておきましょう。

効果的な脱毛はやっぱり医療脱毛

どの脱毛方法であっても、完全に2度と毛の再生が行なわれないことも知っておいて下さいね。

その脱毛の効果的な持続力が異なります、医療用レーザーは最も長く持続されることから永久脱毛と呼ばれているんですよ。

医療脱毛とは医療機関で行うレーザー脱毛などが挙げられます。エステサロンで行う光脱毛に比べて料金が高い傾向にありますが、その分効果が出やすいと言われています。