血液クレンジングって何?基礎知識とその効果

血液クレンジングとは?

血液クレンジングという言葉を初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか。血液クレンジングとは、大量自家血オゾン療法と呼ばれる治療法のことを表します。100~200cc程の血液を脱き、オゾン化した血液(オゾンガスを混合したもの)を体の中に戻すという治療法です。オゾン化によって血液を活性化させ、血液の汚れを落とすことができるのです。この治療法は主にヨーロッパで行われているため、日本ではあまり馴染みがないようです。この治療法はよく透析と勘違いされることが多いですが、透析は悪い部分の全血液を浄化させて戻すので、血液クレンジングとは治療方法も治療目的も違うので覚えておくといいですね。

血液クレンジングの効果

血液クレンジングの血液を浄化させることでどんな効果があるのでしょうか。はじめに、オゾン効果によって血液がサラサラになり、血液流動性の向上効果があります。また、オゾンによって一酸化窒素が増加し血管が拡張されるという、血管のつまりに対しての効果もあります。さらにこれだけでなく、免疫機能の向上やアンチエイジングにも効果があるのです。このように血液クレンジングの効果はたくさんあるのですが、共通して言えることはヒトが本来持っている自然治癒力を高める効果があるということなのです。ですから、様々な病気に対しての治療法として利用されています。また、美容法としても多く利用されていますよ。

血液クレンジングを体験したい人に注意点として、保険適応外のため費用は高めになっています。ですので、一度体験して効果が実感できたら、続けていくという選択をしたほうが良さそうですね。

血液クレンジングとは血液オゾンバイタル療法とも呼ばれる老化と共に低下してくる体の機能を回復させる効果のあるオゾンを医療に応用したオゾン療法です。