急がばまわれ!産後おなかのたるみのケアはここがポイント!

気になる!お腹のたるみ

産後に一番多い悩みと言えば妊娠と出産で崩れてしまったスタイルでしょう。その中でも特に気になるのはお腹のたるみです。しかし出産後にお腹がたるんでしまうのは当然で、妊娠したことで子宮が何倍にも大きくなったためなのです。でも何とかしてお腹を引き締めて、再び以前のすっきりとしたボディラインを取り戻したいと思いませんか?

赤ちゃんと同時に伸びるものは何?

産後にお腹がたるむ原因は、妊院中に皮膚そのものがたるんでしまうからです。お腹の中で赤ちゃんが成長していくと同時にお腹の皮膚や筋肉も伸びていきます。出産を経て一度伸びてしまった皮膚や筋肉は、大きく膨らませた風船がしぼむようにブヨブヨになってしまいます。皮膚が余ってしまうということですよね。また妊娠中はあまり活発に動くことがありません。お腹に負担がかかるようなこともなるべく避けています。その結果体を中から支える筋肉が弱くなり、筋力が低下してたるんでしまうのです。

また妊娠中や授乳中には、赤ちゃんのために母親の体は栄養をたくわえやすくなります。子宮や卵巣といった器官を守るのに、お腹周りは脂肪がつきやすくなるのです。

骨盤矯正と筋トレは一緒にどうぞ!

産後のお腹のたるみを解消するには筋肉をつけるための筋トレも大事ですが、骨盤を正しい位置に戻すことも重要です。おすすめは骨盤矯正ベルトやガードルです。骨盤がずれたままで筋トレをすると、骨盤がゆがんだまま筋肉がついてしまいます。産後6ヶ月までは骨盤がゆるくなっており位置が戻しやすいので、産後2ヶ月が過ぎて産褥期が終わってから骨盤矯正に取り組みましょう。それと同時に筋肉をつけていくと、お腹が次第に引き締まっていきます。

産後ダイエットは、骨盤のゆがみ直すことで成功しやすいと言われていますので、整体などで骨盤のゆがみを直すことから始めたら痩せやすくなると思います。