永久性を得られる!?レーザー脱毛の原理と脱毛時の注意点

レーザー脱毛が永久脱毛になる理由とは?

レーザー脱毛器から照射するレーザー光線の出力は高いので、脱毛の効果を高める事が出来ます。

また、レーザー光線は黒いメラニンに吸収されやすい性質があるため、毛母細胞組織にレーザー光線を集めやすい、レーザー光線が吸収されると高温度の熱エネルギーに変換が行われるため、熱による作用で発毛機能を破壊する効果を得る事が出来ます。

発毛組織の機能が失われると、ムダ毛を生やす事が出来なくなるため、永久脱毛に繋がるのです。

ちなみに、レーザー脱毛は脱毛サロンで行われている光脱毛と同じく毛周期に合わせて繰り返し脱毛を行う必要があります。レーザー光線は黒いメラニンに吸収する性質を持ちますが、毛周期の中でも休止期や退行期に入っているとメラニンは薄いためレーザー光線を吸収してくれません。休止期や退行期に入っているムダ毛は脱毛の効果がないので、ヘアサイクルが成長期に入った段階で施術を行えば発毛組織を破壊し、永久性を得る事が出来るようになります。

黒いメラニンに吸収されやすいと言う事は?

レーザー脱毛器から照射されるレーザー光線は黒いものに吸収されやすいのですが、日焼けした肌に対しても吸収しやすくなってしまいます。

日焼けした肌にレーザー光線を照射すると、毛穴にレーザー光線を集められずに、光は分散してしまい、肌にダメージを与えてしまう事になります。春先から秋口にかけては紫外線量が多くなる季節です。特に夏場は肌を露出する機会が多くなるので、脱毛の施術をこれから受けたい、腕や足などの肌が露出する機会が多い部分のレーザー脱毛を行う時などは、日焼け対策を万全に行っておく必要があります。

医療レーザー脱毛の魅力は極めて高い脱毛効果を得られることです。医師しか取り扱えない強力な医療レーザー器具は短期間で脱毛可能な上、その効果は通常より長持ちします。